Asahi-web.jp

Asahi-web.jp はウェブサイトを変更し、現在 asahi.com になっています。

日本の報道機関

日本では様々な媒体の報道機関があります。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネットニュースなどです。国内外の政治、経済、社会、スポーツ、科学、学芸、生活についてあらゆる時事問題を報道しています。

新聞は全国に配布される全国紙、地方限定の地方紙がありますが、5大紙と呼ばれる全国紙は日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、毎日新聞の5つです。

テレビ局も全国配信と地方限定局がありますが、唯一の公共放送であるNHKに加え、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビジョンの4大民放テレビ局が代表的です。

近年、インターネットの発達に伴い、インターネット上でニュースを配信するニュースメディアが急速に増え、伝統的な媒体であった新聞、雑誌、テレビなどが圧迫され購読数の低下に悩まされています。

しかし、一方でツイッターやFacebookなどのSNSが普及し、インターネット上で広がる話題なども簡単にアクセスできるようになり、報道機関も積極的にSNSを活用してニュースのネタを拾ったり追う現状もあります。

日本の報道機関の問題点

日本では表現の自由が保障されており、報道機関は公正、公平、中立を掲げていますが、実際には偏向報道と見られる情報配信や、情報を独占する性質によって起きる問題などが議論になることも少なくありません。また取材に際してのプライバシーの侵害についても、問題視されることがしばしばあります。

長く続く記者クラブ制度のため、新興のマスコミ、フリーの記者、一般市民が記者会見に参加しにくいという特徴があります。解体に向けた動きも一部では起きていますが、反発が大きく実現していません。